知って役立つ葬儀便利帳
 
 新盆・一周忌 <一周忌までに>
 
■新盆

故人の死後、はじめて迎える盆を新盆といいます。お盆は、7月または8月の13日〜16日で、この期間に先祖の霊が家に帰ってくると信じられています。新盆の供養は、親戚・近親者・友人・知人を招き、精霊棚を設け、生花や野菜・果物を供え、提灯を灯します。初日の夜には迎え火を行い、最後の日には送り火が行われます。

新盆
■一周忌
一周忌 四十九日の忌明けのあとは、百か日法要、そのあとは年忌法要となります。法要の準備として、日時の決定、招待者の確定、会場の決定、法要の案内、お布施、供物・供花の手配、料理・返礼品の手配などがあります。
■喪中ハガキ
喪中に控えるべきことのひとつに年賀状があります。12月初旬までに、年賀欠礼のハガキを投函しましょう。
 

公共斎場・葬儀場のご案内

大阪市、堺市、東京23区内の公共斎場・葬儀場で、葬儀、家族葬、一般葬、社葬などの斎場葬儀に対応する斎場専門の葬儀社、葬儀屋をご案内している斎場葬儀手配センター - 大阪市ホームページでは、葬儀場、葬儀社、葬儀屋に関する情報、各斎場での葬儀プラン例「花祭壇」、所在地、TEL、建物外観写真、交通アクセスMAPなどを掲載しております。斎場葬儀手配センターが対応する大阪市の斎場名は、大阪市立北斎場 - 大阪市北区、鶴見斎場 - 大阪市鶴見区、瓜破斎場 - 大阪市平野区、小林斎場 - 大阪市大正区、大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館」 - 大阪市阿倍野区の5斎場です。堺市の斎場名は、堺市立斎場の1斎場です。そして、斎場葬儀手配センターが対応する東京23区内の斎場名は、臨海斎場、桐ヶ谷斎場、町屋斎場、代々幡斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、四ツ木斎場、戸田斎場の8斎場です。

Copyright (C) 2002 知って役立つ葬儀便利帳 All rights reserved.