知って役立つ葬儀便利帳
 
 税金・遺産相続 <半年以内に>
 
■所得税の確定申告
準確定申告 確定申告をしていた人が亡くなった場合、相続人が故人に代わって、亡くなってから4か月以内に確定申告をしなければなりません。この申告を準確定申告といいます。
■医療費控除

準確定申告するにあたり、年間医療費が10万円以上の場合、医療費控除が適用されます。また、原則として領収書が必要となります。

■相続の協議
故人の遺言があれば、それに従って遺産を分割しますが、遺言がない場合には、相続人同士の話し合いで遺産分割協議書を作成します。相続人全員が同意すれば、必ずしも法律に定められた相続の割合に従う必要はありません。しかし、協議がまとまらない時は、法律で定められた比率で遺産を分割します。また、相続を放棄することもできます。 相続・遺産分割協議書
■相続税の申告と納付
故人から相続した財産には、相続税がかかってきます。相続税の申告は、税務署に被相続人が亡くなった翌日から10か月以内に行います。遺産の評価や相続税に関する事項は、不動産鑑定士や税理士及び弁護士などの専門家に相談する事をおすすめします。そして、金銭で納付するのが原則ですが、物納という方法もあります。
■名義変更
遺産分割の方法が決まったら、相続財産の名義変更が必要となります。名義を変更しなければならないものは、不動産・自動車・電話加入権・預貯金などがあります。
 

公共斎場・葬儀場のご案内

大阪市、堺市、東京23区内の公共斎場・葬儀場で、葬儀、家族葬、一般葬、社葬などの斎場葬儀に対応する斎場専門の葬儀社、葬儀屋をご案内している斎場葬儀手配センター - 大阪市ホームページでは、葬儀場、葬儀社、葬儀屋に関する情報、各斎場での葬儀プラン例「花祭壇」、所在地、TEL、建物外観写真、交通アクセスMAPなどを掲載しております。斎場葬儀手配センターが対応する大阪市の斎場名は、大阪市立北斎場 - 大阪市北区、鶴見斎場 - 大阪市鶴見区、瓜破斎場 - 大阪市平野区、小林斎場 - 大阪市大正区、大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館」 - 大阪市阿倍野区の5斎場です。堺市の斎場名は、堺市立斎場の1斎場です。そして、斎場葬儀手配センターが対応する東京23区内の斎場名は、臨海斎場、桐ヶ谷斎場、町屋斎場、代々幡斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、四ツ木斎場、戸田斎場の8斎場です。

Copyright (C) 2002 知って役立つ葬儀便利帳 All rights reserved.