知って役立つ葬儀便利帳
 
 葬儀後の手続き <初七日後>
 
■生命保険

故人が生命保険に加入していた場合は、保険会社に連絡し保険金を受け取る手続きをします。その時に、被保険者氏名・証券番号・死因・死亡月日なども知らせます。後日、死亡保険金請求書が送られてきます。

生命保険
必要書類
保険証券・死亡診断書・被保険者除籍抄本・受取人の戸籍抄本と印鑑証明など。
■年金
遺族厚生年金
故人が厚生年金に加入していた場合、在職中の死亡であれば勤務先で手続きをしてくれます。すでに退職し老齢年金を受給しているのならば、住所地の社会保険事務所で手続きを行います。
遺族基礎年金
故人が国民年金に加入していた場合、住所地の役所で手続きを行います。受給者の条件に応じて、遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金などのいずれかが支給されます。
年金
■健康保険
健康保険
埋葬料として、故人の給与1か月分(最低10万円)が支給されます。
また、死亡によって権利を失うので、遺族はすぐに国民健康保険に加入しましょう。
国民健康保険
役所で申請すると葬祭費が支給されます。
 

公共斎場・葬儀場のご案内

大阪市、堺市、東京23区内の公共斎場・葬儀場で、葬儀、家族葬、一般葬、社葬などの斎場葬儀に対応する斎場専門の葬儀社、葬儀屋をご案内している斎場葬儀手配センター - 大阪市ホームページでは、葬儀場、葬儀社、葬儀屋に関する情報、各斎場での葬儀プラン例「花祭壇」、所在地、TEL、建物外観写真、交通アクセスMAPなどを掲載しております。斎場葬儀手配センターが対応する大阪市の斎場名は、大阪市立北斎場 - 大阪市北区、鶴見斎場 - 大阪市鶴見区、瓜破斎場 - 大阪市平野区、小林斎場 - 大阪市大正区、大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館」 - 大阪市阿倍野区の5斎場です。堺市の斎場名は、堺市立斎場の1斎場です。そして、斎場葬儀手配センターが対応する東京23区内の斎場名は、臨海斎場、桐ヶ谷斎場、町屋斎場、代々幡斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、四ツ木斎場、戸田斎場の8斎場です。

Copyright (C) 2002 知って役立つ葬儀便利帳 All rights reserved.